ビットコインはアービトラージで稼げるか?

なにかと話題の多いビットコインですが、チャートを提供するサイトを見てもビットコイン・ドルのチャートは開示されているのですが、日本円でのチャートというものは各取引所が提示しているもの以外公式なものが実は存在していないことがわかります。

何それ?と思われる方も多いと思いますが、実は仮想通貨全般に取引所ごとにかなりその取引価格が異なっているのが実情なのです。

bitFlyer,coincheck,Zaifともに価格を提示していますが、実は常に1万円程度の価格差が示現しているのです。しかもこれが大きく価格変動している場合にはなんと5%から10%程度の差が生じることもあるのです。

こうなるとFX投資家のだれしもがやってみたくなるのがアービトラージで鞘を抜くことですが、取引所ごとにだいたい似たような価格がでてくるということはすでにアービトラージで稼いでいる輩がいる可能性が高いことを示唆しているといえます。

しかしこれがドルベースのビットコインですと差額がかなり縮小する傾向があるようでやれるとすればやはり日本円での売買ということになりそうです。

実物売買なら物理的には可能だが・・

価格の安いところで買って高いところで売れば短時間で確実に利益をだすことができますし1BTCで1万とか10万といった差がでればこんなにおいしい売買はないわけですが、このアービトラージで一番問題になるのが約定力の問題です。

短期間に同時に売買ができてしかもすぐに売却できれば確かにアービトラージは成立することになりますが、実際のビットコイン売買はそう単純にいかないのが実情で、約定に異常とも思えるほど時間がかかるのです。

こうなると短期間に売り買いの差額で売買して儲けるのは一体いくらで約定しかかもわからないわけですからかなり難しい状況になることが考えられます。

一方ビットコインFXのようなものでもそれなりに価格差はあるようですから、むしろ海外FX業者2社を使ってリアルタイムで決済したときにどのぐらいの差がでるかを研究してみるのはより実務的なものになりそうです。

こうしたアービトラージは市場が大きくなり価格が標準化していく過程でほとんど消えさることになり、FXなどでは相当大きな金額の売買をしないと利益が得られない状況ですが、ビットコインの場合には日常的に価格差が顕在化してきますので、より利益機会は多く与えられそうです。

ただ、思ったように約定しなくなると大変な損失につながりかねないだけに確実に履行できる取引時間帯に実施してみるのが安全といえるでしょう。

ボラティリティの大きな暴落状態ではスプレッド自身が広がり過ぎて儲けを確保することができなくなる点にはかなり注意が必要です。

海外FXを探しているのであればXMが最もお勧めできます。

初心者コンテンツ(XMウェビナー)も揃っているので悩みなく取引できるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です