AXIORY(アキシオリー)の評判と使用レビュー

レビュー1

AXIORYは、他のFX会社同様、ロスカットルールを設けています。AXIORYの場合は、証拠金維持率が50%を下回った場合、アラート(警告)がトレーダーに通知されます。

そして、証拠金維持率が20%を下回った場合には、もっとも損失の大きいポジションから順に自動的に強制決済される仕組みとなっています。

また、トレーダーは、あらかじめ自分が保有しているポジションについて、ロスカット水準を定めておくことも可能となっています。

しかし、為替相場の状況によっては、注文数量が大量に集中する状況が発生し、トレーダーが定めたロスカット水準で約定しないケースがあります。そのような状況が発生したときのために、AXIORYではゼロカットシステムを設けてくれています。

具体的には、2016年1月に日本銀行が不意打ちのような形で、マイナス金利の導入を決定しました。このとき私が保有していたドル円の円買いポジションは上下に乱高下し、ロスカット水準にタッチしてしまったのです。

ところが、実際の約定履歴を見ると、ロスカット水準よりもさらにドル高円安の価格でロスカットされていたのです。その結果、本来ならば追加証拠金の差し入れを求められるはずだったのですが、ゼロカットシステムのおかげで私は追加証拠金の入金を免れたのでした。

最大レバレッジを400倍までかけることができるメリット

AXIORYは、最大のレバレッジを400倍までかけてポジションを持つことができるため、トレンドに乗れたときに獲得できた金額は大きかったです。

具体的には、証拠金を10万円入金しておいて、100倍のレバレッジをかければ1000万円分の買いポジションもしくは売りポジションを持つことができるのです。

私は今年の9月上旬にドル円を1ドル109円台で買い、10月上旬に1ドル113円台で利益確定することができたのですが、レバレッジを約100倍でポジションを持っていたため、10万円だった証拠金を50万円にまで一気に増やすことができたのです。

これがAXIORYを利用することの大きなメリットなのです。日本国内のFX会社では、金融庁による規制により最大レバレッジが25倍に制限されています。しかも、最大レバレッジを10倍に制限する動きもあるようです。

これに対してAXIORYは、海外のFX会社ですから日本国内の法令の規制の対象外ですから、安心して高いレバレッジをかけてポジションを持つことができるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です